1. ホーム
  2. 旅のスポット

旅のスポット

選択中の検索条件

  • なし

検索結果:163

塩尻峠

塩尻市と岡谷市を結ぶ峠。江戸初期の中山道は、下諏訪から三沢を経て小野峠小野盆地に入り牛首峠を越え桜沢に抜ける小野街道を利[...]

島崎家

元禄時代(十七世紀後半)の農家で、切妻造り・妻入りの本棟造りです。この地方の典型的な造り。 基本情報 所在地 長野県塩尻[...]

奈良井ダム

奈良井ダムは、その下流域の治水や上水道水源など利水用に造られた多目的な中央コア型ロックフィルムダムで堤高60メートル、総[...]

飯綱山 常光寺

応永年間法印恵覚によって中興されたという。特に飯綱大権現の信仰が厚く、養蚕の繁栄を願う山詣者が多く訪れた。「花の寺」とも[...]

宝松山 西福寺

永禄八年(1565)に武田信玄よって開基された寺である。池泉回遊式庭園は松を中心に池や枯山水・苔庭などを配置した庭は訪れ[...]

無量寺

寛永の頃、円西坊によって開基された寺。寺宝である「半鐘」は市の有形文化財に指定されている。この半鐘は享保八年第5世随誉聖[...]

いの字山

塩尻峠の東山から「高ボッチ」への道路を上がると途中にある「いの字山」登山口から片道1時間ほど。標高およそ1,280メート[...]

阿禮神社

「延喜式神名帳」にも記された古社で、もともと「阿礼ノ神」は、塩尻峠(塩尻市と岡谷市の境)西麓を流れる四沢川流域で集団生活[...]

御野立記念祭(日本一短いお祭り)

塩嶺御野立記念祭は、明治天皇が1880年(明治13年)6月に、昭和天皇が1947年(昭和22年)10月に塩尻峠に訪れたこ[...]

岩垂の高札場

高札場とは一般庶民に法令などを周知徹底させるための板札をかかげた場所で江戸時代に全国的となる。当時の岩垂村は天領と私領に[...]

吉江孤雁の生家

孤雁はフランス留学から帰国後、早稲田大学に仏文科を創設。フランス文学普及の基礎を築いた。詩人、歌人としても活躍し、弟子に[...]

吉田四ヶ堰

かつての村井町村、小屋村、野溝村、平田村(現松本市芳川地区)は江戸時代より奈良井川から用水を取っていましたが、洪水が起き[...]

桔梗ヶ原神社と玄蕃之丞の石像

「桔梗ヶ原に、いたずら好きの玄蕃之丞(げんばのじょう)という狐がいました……」これは塩尻で伝えられている「狐の玄蕃之丞伝[...]

古田晁記念館

平成6年、筑摩書房の創立者古田晁の生家、土蔵と庭が塩尻市に寄贈され、平成8年に「古田晁記念館」として開設されました。 筑[...]

小丸山遺跡

片丘の東に連なる山々の麓の大地にある。以前から縄文中期の出土品が採集されていたが昭和43年に農業構造改善事業の実施が決ま[...]

小松家

間取りや構造などが特徴の古い農家。十七世紀後半の建築。 基本情報 住所 長野県塩尻市片丘9036 電話番号(市社会教育課[...]

興龍寺

興龍寺

天正18年(1590)の開創の曹洞宗の寺。松本平では唯一の古風な坐禅堂や寺にはめずらしい長屋門があり、境内には仏舎利塔が[...]

小野家

塩尻宿の上級旅籠屋で「いてうや」と称する。幕末期嘉永年代の建築とされている。 基本情報 住所 長野県塩尻市塩尻町89 電[...]

初期中山道

中山道には塩尻を通らない初期中山道と呼ばれる街道があった。木曽路の入口にあたる集落桜沢から牛首峠を超え、小野宿、さらに小[...]

諏訪神社(木曽平沢)

現在の本殿は、天正十年(1582)の武田勝頼と木曽義康の合戦の際に焼失した後、享保十七年(1732)に再建されたものです[...]

善知鳥(うとう)峠

日本海、太平洋の分水嶺。塩尻市と辰野町を結ぶ三州街道(現在の国道153号線)が通っています。善知鳥峠は、古くから伊那谷と[...]

相吉の枝垂れ栗自生地

枝垂れ栗は長野県・岐阜県のごく一部しか見られない貴重種である。隣の辰野町の枝垂れ栗自生地とは一続き地にあたり、枝垂れ栗は[...]

茶臼山

塩尻市最高峰の山で2658M、中央アルプスの一貫である。この山の登山は東側ルート伊那市の桂小場からが一般的。[...]

中山道

中山道は江戸日本橋から京都三条大橋までの間に67宿あり、東海道と比べると山坂は多いが川留めでの長逗留がなかったため予定通[...]

奈良井鎮神社例大祭

本祭の昼すぎ、鎮神社で神囃子を奉納したあと、行列を組んだお練りが、通囃子を演奏しながらゆっくりと宿を下って行きます。 沿[...]

奈良井宿灯明まつり

奈良井宿街道沿いに「ゆめ灯り絵展」200基の切り絵の行灯が宿場を演出します。 基本情報 開催日 2月中旬  開催場所 塩[...]

琵琶橋

一条天皇の時代に盲目の法師が橋の近くでいつも琵琶を弾いていた。村人に「琵琶の弾奏で皇室に奉仕をしたいが諸国をめぐり琵琶を[...]

分水嶺

塩尻市には塩尻峠、善知鳥峠、鳥居峠、権兵衛峠など分水嶺が数多くあり、まさに清流がきらめく分水嶺のふるさとです。特に塩尻市[...]

穂高連峰の見える街

北アルプスの盟主である穂高連峰。大きく美しく見えるのがここ塩尻です。しかも高い山に登らなくても普段の生活の中にその景色は[...]

デフォルト画像

坊主岳

奈良井ダム湖畔県道493号沿いに登山道入口案内板あり。頂上からは木曽駒、中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳が見られる。標高19[...]

北熊井城址

北熊井城址

東山山麓の松本平南部を一望できる場所にある北熊井城は、大きな特徴のある縄張りの平城です。城跡の近傍に町割りや五輪塔の遺構があります。

堀内家

豪農の家で、十八世紀末の本棟造りの建築。 基本情報 住所 長野県塩尻市堀ノ内 117 電話番号 0263-52-0311[...]

麻衣廼神社

「麻衣」と言う言葉は木曽の枕詩である。およそ1000年前の天慶年間に創立され、建御名方の命を祀る木曽地域の神社では最古と[...]

妙義山

標高895Mの妙義山には、鎌倉時代から洗馬郷を支配していた国人領主の三村氏の城跡があります。山頂には妙義山城主郭部があり[...]

鳴雷山

鳴雷山は展望はないが山頂にほこらがあり、夏の火祭りでは床尾神社の広場で松明の火で畑の虫の魂をよりつけ山頂に送り込む行事が[...]

木曽平沢諏訪神社例祭

諏訪神社例祭は、11日に子供神輿が、12日に本神輿が漆工町として全国で唯一の選定を受けている木曽平沢の町並みの中を練り歩[...]

みどり湖へら鮒釣り大会

2021年7月18日(日)に予定していたみどり湖へら鮒釣り大会は新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、中止を決定いた[...]

永井坂の首塚・胴塚

戦国時代、塩尻市峠を挟んでしばしば合戦があった。天文17年(1548)7月19日甲斐の武田信玄軍と松本藩主小笠原長時軍と[...]

デフォルト画像

釜の沢のマルバノキ自生地

日本では中部地方の一部と、広島県、高知県にまれにみられる。最終氷期の残存種とみられており、山地の谷間や日当たりの良い岩場[...]

上問屋史料館

奈良井宿の上問屋は、近世初期から幕末まで継続して問屋を勤め、近世後期には、庄屋も兼務していました。その長い間に残された古[...]

デフォルト画像

奈良井宿市場

基本情報 企業名 奈良井宿市場 企業名ふりがな ならいじゅくいちば 所在地 長野県塩尻市大字奈良井447 電話番号 02[...]

デフォルト画像

まるきち

基本情報 企業名 まるきち 企業名ふりがな まるきち 所在地 長野県塩尻市大字奈良井391 電話番号 0264-34-2[...]

北熊井諏訪神社

本堂は県宝で天明2年(1782)に大隈流の名工、柴宮長左衛門の手により完成。 柴宮長左衛門の作品群の中では諏訪大社春宮本[...]