1. ホーム
  2. 国指定重要文化財 中村邸

国指定重要文化財 中村邸

くにしていじゅうようぶんかざい なかむらてい

中村邸

櫛問屋 中村邸

かつて漆櫛の商いをしていた中村邸は天保年間の建築とみられ、昔のままの建物で現在は資料館として一般公開されてます。当家の間取り図や幕末から明治期にかけての櫛商人の金銭出納帳などが展示されており、令和2年12月に国の重要文化財に指定されました。

中村邸展示内観
櫛

奈良井宿の民家

元塗櫛の問屋を営んでいた中村邸は、出梁造り(だしばりづくり)であり、みせ(街道に面した表の部屋)は蔀戸(しとみど)になっており、庇は奈良井宿独特の鎧庇、それを上から猿頭で押さえてあります。中村邸の出梁造りの主屋は間口三間二尺、奥行行きは9間半で、入口は京風の片開き大戸にくぐり戸がついてます。台所の囲炉裏と大きな吹き抜けに当時の生活を感じる事ができます。

奈良井町家独特の間取り
「ミセ、カッテ、ナカノマ、ザシキ」が続く奈良井町家独特の間取り
台所の囲炉裏
台所の囲炉裏

基本情報

住所塩尻市大字奈良井311
電話0264-34-2655
開館時間【4月~11月】9:00~17:00(最終入館16:30)
【12月~3月】9:00~16:00(最終入館15:30)
休館日【4月~11月】無休 
【12月~3月】毎週月曜日、祝日の翌日、年末年始(12/29~1/3)
入館料大人300円(団体20名以上240円) 子ども(中学生以下)無料
障害者及び介助者(1名)の方は無料になります。詳しくはお問合せ下さい。
駐車場権兵衛駐車場をご利用ください。
普通車:510円 マイクロ:1,560円 大型車:2,080円
関連情報奈良井宿、古き良き時代を残す生きた宿場 奈良井宿

地図

このページのジャンル