MENU

  • お問い合わせ
  • アクセス

塩ジョイなび

  1. ホーム
  2. 塩ジョイなび
  3. 北熊井城跡

北熊井城跡

カテゴリ:見る

長野県中信地方でお城といえば松本城が有名ですが、実は塩尻にもお城があります。
その名も「北熊井城」。
今回はその跡地である「北熊井城跡」を訪れてみました。

県内有数の大きさを誇る平山城


北熊井城は、天守こそありませんが、その大きさは県内有数。
段丘のように西に突き出た高い台地が、深い空壕によって五つの郭に区切られています。
こういう高台にある城は、山頂や山腹に築かれる山城に対して、平山城と呼ばれるそうです。
信濃国(現在の長野県)を納めていた小笠原氏の城でしたが、塩尻峠の合戦の前哨戦で武田信玄に攻め落とされたと言われています。

見晴らしスポット


登ってみると、塩尻の街並みと北アルプスを展望できる見晴しスポットがありました。
戦国時代の侍たちも、この展望を楽しんだのかもしれません。
遠い過去の塩尻に思いを馳せながら、風と共に過ごしていると何だか疲れも取れてくるような気がします。

ライターひとことメモ

昭和50年、区の方々により100本余りの桜が植えられたそうで、現在はお花見スポットとしても有名です。
ベンチや手すりなどが備えられて、ゆっくりピクニックを楽しむのにぴったりです。

スポット情報

北熊井城跡

  • 住所〒399-0711 長野県塩尻市片丘9280

MAP