MENU

  • お問い合わせ
  • アクセス

スポット情報

郷原宿

慶長19年に開かれたこの宿場は、区画割が整然となされており、また水に事欠いた地であったことから、用水路が発達しました。古井戸とともに郷原宿の町並みは塩尻史跡に指定されています。
郷原宿

基本情報

住所 塩尻市広丘
駐車場 専用駐車場はありません。
その他 宿場内は通行にご注意ください。

慶長19(1614)年、松本城主・小笠原秀政が中山道洗馬宿と北国街道を結ぶため、善光寺街道(北国脇往還)を整備したときにできた宿の一つです。
善光寺街道(北国脇往還)が洗馬宿から分かれた最初の宿で、洗馬宿へ1里半、松本市村井宿へ同じく1里半の路程です。
すでに存在していた集落が宿になったのではなく、郷原の元の集落は奈良井川の東岸の上野地籍にあったが、宿駅の整備に伴い、同じ川の西岸の住戸地籍にあった堅石集落とともに、元和5(1619)年ころ現在の場所に移して宿づくりがされました。
幕末には、家数73軒、旅籠屋は10数軒で、問屋は上・下問屋が2軒で本陣・脇本陣はありませんでした。
屋敷割りがよく行われ、家ごとの間口は普通の宿は3~4間を1軒分としているが、文化4(1807)年と安政5(1858)年の大火で焼失後再建された家々の間口は5~6間と広く、奥行きも街道の両側それぞれ30~40間で、更にその奥が屋敷の倍以上も広い「うら」と呼ばれる耕地となっています。
建物も、一般の宿場は街道に面して平入りが多いが、郷原宿は妻入りの本棟造りで、雀おどしがついた切り妻が街道に面しているのが特徴です。
また、街道と家の間に前庭があり、樹木が植えられて美しい街並みとなっており,各家には屋号が表示されています。
宿全体は、欠水性の桔梗ケ原台地にあったために地下水が低く、用水に事欠き、宿ができた当時は10~15mの深井戸を郷福寺・御茶屋付近・下問屋付近の3か所に堀り、共同で管理・使用してきました。
宿北には、明治13(1880)年に明治天皇御巡幸のとき御小休所となった郷福寺、また、北には塩尻にゆかりのある歌人の足跡をたどる資料を提示した塩尻短歌館があります。

MAP