MENU

  • お問い合わせ
  • アクセス

塩ジョイなび

平出遺跡

カテゴリ:見る

平出遺跡

国史跡平出遺跡は、JR中央本線塩尻駅から南西に約2キロメートルの畑地帯にあります。
遺跡は平出の泉から流れ出る渋川に沿って東西約1キロメートル、南北300メートルの範囲にわたって帯状に広く展開しています。
発掘調査の結果、平出遺跡に人々が生活していた時期は、縄文時代から平安時代にまでおよぶことがわかりました。

ライターひとことメモ

遺跡は江戸時代から土器や石器が拾える場所として知られ、当時の記録にも残されているそうです。
江戸時代の人が土器を持っている姿を想像するとなんだか面白いですね。


その一部が、平出遺跡公園として「五千年におよぶ平出の地」をテーマに復元整備されています。
縄文から現代まで生活環境が様々に変化する中で、人々がいかに暮らしを立ててきたかが体験できるスポットです。


縄文・弥生・平安の3つの時代の住居をそれぞれ再現していて、実際に入ってみることができます。
住居の構造の変化や素材の変化に直に触れることができ、
人々の暮らしが時代の移り変わりとともにどのように変化したか実感することができました。

ガイダンス塔


自由に立ち寄ることができる学習・休憩施設です。
火起し、勾玉づくり、弓矢飛ばし、土器づくり、ガラス玉づくりなどさまざまな体験学習が行われていて
地域の子供たちを中心に、人気のスポットです。

スポット情報

平出遺跡

  • 住所〒399-6461 長野県塩尻市宗賀388−2
  • 電話番号0263-52-3301
  • 営業時間9:00~17:00

MAP